Xexar Universe

目次 - MENU トップ - TOP 免責事項 - ABOUT 自己紹介 - PROFILE 写真 - PHOTOGRAPH イラスト - ILLUSTRATION リンク - LINK

柴又帝釈天

帝釈天参道の入り口。信号のある横断歩道は柴又街道である。信号無視する人がよくいる。

経栄山題経寺の門。江戸時代に創立された。厄除け、商売繁盛にご利益があると言われている。


非常に細かい作りとなっている。この門を完成するまでどれまでの長い期間をかけたのだろうか?


帝釈堂。そのお堂の前にある立派な松は「瑞竜の松」と言うようだ。

途中、帝釈天参道に飼い猫がゴローンと寝ていた。それなりに人なつっこかった。

草だんごで有名な、高木屋老舗。下町の人情味あふれる雰囲気をもっている。明治時代に建てられた。

草だんごを扱っている「とらや」。明治20年「柴又屋」という名前で創業した。平成元年に建て替えられた。店内は「男はつらいよ」のポスターが飾られている。

京成金町線の柴又駅にある「男はつらいよ」の主人公、車寅次郎の銅像。渥美 清(あつみ きよし)、本名は田所 康雄(たどころ やすお)

矢切の渡し。江戸川で矢切と東京都葛飾区柴又を結んでいる。現在も運行されている。この周辺は戦国時代では戦場であった。「房総の魅力500選」に選定されているほか「日本の音風景100選」にも選定されている。日本のなかで矢切の渡しは珍しい場所かもしれない。


「わらじのおじさん」によって作られた「わらじっこ」。ビニールで出来ているため雨に濡れても大丈夫だ。